初めて借金をしたのは、20代前半の時です。 マルイカードでキャッシングをしました。限度額が10万円ですぐにいっぱいになり、系列のキャッシング専用カードも作りました。 限度額が20万円で結構使いました。 翌年父の会社が倒産し、大学の学費を自分で払うために奨学金を借り、それだけでは足りずに銀行の学費ローンを2つも借りました。 学生時代から毎月の借金を返済するためにアルバイトをして、学業が一時期おろそかになったことがありました。 それでも何とか卒業して、普通に働き返済を続けていました。 2年過ぎた頃に、もうひとつアルバイトを始めました。 この頃から、必要経費意外を全て貯金してある程度貯まると、借金の繰り上げ返済をしました。 金利が高いので、少しづつ返済していると金利の割合が高く元金がなかなか減らないので、何とかまとめて支払うように努力していました。 マルイカードとキャッシング専用カードの返済は約7年で、残りの借金は約11年で完済しました。 元金の総額が800万円くらいで、途中父の会社の借金が終わり援助してもらいながらでしたが、若い時代をひたすら借金の返済に過ごしてしまったなと思います。 それでも、最初軽い気持ちで借金したのはわたしのお金の使い方がまちがっていたからだと思いますが、完済する時には節約する癖がしっかりついていたことは唯一良かったことだと思いました。