私が低血圧で困ったことは、朝が比較的だるいことだけではありません。 まず、献血などに行くと、必ず待たされるのです。 私の血圧が低い為に、事前に専門の医師に聞かなければ献血ができない、と言われるのです。 しかし、大抵の場合は、診断でいいですよと言われます。 いつも同じステップで、少し待たされるのです。 しかも、献血が終わった時にもまた待たされます。 私は、時々献血しているうちに、最高血圧が80に落ちてしまうのです。 なので、看護婦さんから動いてはいけないと言われ、そのまま30分も座ったままなのです。 私と同じ頃に献血した人は、もう既に居ません。 しかも、私はトイレが近いほうなので、座りっぱなしで放置されるのが若干辛いのです。 こんなにトイレに行きたいし、頭には血が上っているのに全然血圧は上がりません。 しばらくすると、いいですよと言われて、速攻でお手洗いに行くのです。 低血圧には、このような不便な面が、だるいだけではなく多々あるのです。